• SwitchBotチーム

やってみませんか?Apple Watchで家電を操作



Apple Watchと言えば、ほとんどの方がまず思い浮かべるのはApple Pay音楽再生、ヘルスケアとトレーニングのことではないでしょうか。

Apple Watchで家電を操作することは想像したことがありますか

今回は、皆様にApple Watchスマートホームに十分に活用できる方法をご紹介いたします。


スマホが充電している際にSwitchBotシリーズで家電を操作したい場合、皆様はどうしますか。スマートスピーカーはよい選択肢かもしれません。

ただ、寝室から音声操作をしても、声がリビングのスマートスピーカーまで届かないことがよくあります。

こんな場合、お手元にあるApple Watchをスマートホームのコントロールセンターにして、大きな役割を果たせます!

SwitchBotハブミニとの連動で、お好みに合わせてSiriショートカットを設定すれば、赤外線機器及びSwitchBotシリーズ製品を操作することができます。


例えば、「寝室照明をつけて」というカードをタップして、照明を簡単につけます。

本来スマホで実現できることは現在スマートウォッチに移します。予想以上便利!


しかし、すべてのデバイスのアクションに基づき、それぞれのSiri ショートカットを作成するのは簡単なことではありません。

最近リリースした最新バージョンのSwitchBotアプリのApple Watch版は、より使いやすくするために、操作可能のデバイスの種類を増やし、シーンを実行する機能も追加しました。


これでスマホを使わず、らくらくスマートホームを楽しめます!数多くのSiri ショートカットを作成する必要もありません!

「Hey Siri、寝室照明をつけて」

「完了しました!」


ウォッチに話しかけて家電を操作するのは近未来感が溢れます。部屋のどこに行っても、声で照明をつけたり、エアコンをオンにしたりすることができます。

スマートスピーカーを手首に設置するはこんな感じですよね!ぜひお試しください!


ご注意:

Apple Watchで音声操作するにはSiriショートカットを設定する必要があります。

「SwitchBot」アプリをインストール

App Store.png
Google Play.png

© 2020 By Wonderlabs, Inc.