• SwitchBotチーム

SwitchBot 温湿度計はWi-Fiか、それともBluetooth経由で働いていますか?

最終更新: 2019年9月24日

Wi-FiとBluetoothはどちらもワイヤレスのカテゴリーに属しています。


SwitchBot温湿度計はBluetoothを利用して働いていますが、SwitchBot Hub(Plus)を介してインタネットにも簡単に接続できます。


SwitchBot 温湿度計はBluetooth Low Energy(BLE)経由で通信するため、本体はBluetoothの通信距離範囲内に置くしか働けません。


もしSwitchBot温湿度計を外出先まで遠隔操作したい場合、弊社のSwitchBot Hub(Plus)と接続して、Wi-Fi経由でいつでも、どこでもコントロールできます。


温湿度計はBluetooth Low Energy(BLE)を使用して通信する理由は、Wi-Fiより費用対効果が高く、消費電力が大幅に減少し、バッテリーの寿命もさらに長くなります(殆どの場合1年間)。Wi-Fi内蔵温湿度計は、ただ何週間しか持たせません。もし手が届けない場合に設置した場合、頻繁にバッテリー交換するなんて、本当にむかつくことです。


それどころか、SwitchBot温湿度計のレートは、Wi-Fiを使用した場合よりもはるかに高くなります。Wi-Fiを備えた多くの温湿度計が15分に1回サンプリングすることに対し、弊社温湿度計の場合は、2分に1回です。


ですから、SwitchBot Hub(Plus)を利用してWi-Fi機能を追加できるだけでなく、値段以上の温湿度計により、より低コストでクラウドにデータ転送し、遠隔操作とデータ監視など実現されます。さらに、SwitchBotクラウドサービスは購入価格に含まれているため、ハブの月額料金はかかりません。


ところが、より効率的なシステムが可能になったら、最終的にはWi-Fiの方向に進む可能性もあります。



「SwitchBot」アプリをインストール

App Store.png
Google Play.png

© 2020 By Wonderlabs, Inc.