• SwitchBotチーム

温湿度計とHub Plus/Miniを使用して「シーン」を作成する方法

最終更新: 2019年10月21日

「SwitchBot温湿度計」はハブプラスと併用すれば、よりよく活用できると思います。例えば、アプリの新機能「シーン」が利用可能です。


さて、「シーン」の作成方法をご案内します。


1、SwitchBotアプリを開いて、温湿度計をセットアップしてHub Plus/Miniとペアリングします。温湿度計の設定の中、「クラウドサービス」を有効にしたことをもう一度確認します。

2、ホームページの左側メニューの「シーン」機能をタップして、「✚シーンを作成」を選んで、条件設定の画面に入ります。

3、条件設定には「すべての条件が満たされた時」或いは「いずれかの条件が満たされた時」が選択できます。

4、「条件を追加」をタップし、「温湿度計」を選んで、ご設定する温度・湿度に応じて、「アクションの追加」でエアコンリモコン、ボット、プラグなどのデバイス*を一つまたは複数で自動的に動作します。(*エアコンなどのリモコン操作が既にHub Plusに追加されたことを先にご確認ください。)

5、条件設定の画面に、右側青い「✚」マークをタップすると、条件とアクション両方複数選択できます。


ご注意:

うまく「シーン」機能を使いこなすため、条件を正しく設定してください。保存した操作は、実行されていない場合、条件設定が間違っている可能性がございます。

ご使用中何か質問がございましたら、直接アプリ「フィードバック」により或いはsupport@wondertechlabs.com宛にご連絡ください。

「SwitchBot」アプリをインストール

App Store.png
Google Play.png

© 2020 By Wonderlabs, Inc.