「SwitchBotの呼吸」の力で、ぐっすり眠り目覚めスッキリ!



睡眠時間が10時間なのに、寝不足で気分が優れません。

いつも早く寝ようと思うが、忙しくつい遅くなってしまい、生活リズムが乱れています。

今日からぐっすり眠って、気持ちよくすっきりして起きましょう。

本日は、快眠に役立つ「SwitchBotの呼吸」をご紹介します!


・体の芯までぽかぽかに!就寝前のリラックス

ぽかぽかお風呂は、日常の中でなかなか良いリラックスの方法です。

だが、お風呂に入りたい時に、あいにくお湯がなく寝る時間が遅くなり寝不足なってしまうことをよく経験しませんか。


この悩みの解消には、SwitchBotボットをおすすめします。

タイマーを設定すれば、自動的に定時に給湯器をオンにしたり、「追い焚き」ボタンを押したりすることができます。更に、SwitchBotハブミニと併用すれば、ネットすらあればいつでも遠隔操作が可能です。居場所を気にせず、いつでもご自宅の給湯器を操作できます。


これで、いつでもぽかぽかお風呂で楽しめ、リラックスしましょう!


・快眠環境を整えよう

夜、明るい寝室は不眠のもとだと言われています。

SwitchBotボットとリモートボタンを併用すれば、遠くにあるスイッチを簡単に家中どこにも移動可能のリモートボタンに移転します。

布団に入ったまま、リモートボタンを押せば照明を消せます。

スマホをアクセスせず操作できるので、就寝前のブルーライトとさよなら!


適切な温度と湿度でぐっすり眠る

夏も冬も寝心地良い室温を保つために、エアコンが重要ですね。

ただし、エアコンを入れると部屋の湿度が下がり、朝起きたとき、喉に異物があるようになったり、ひどい場合は痛くなったりもします。特に湿度の低い冬は、更に辛いです。


今日から、ご自宅の湿度をSwitchBotに任せ、自動的に調整させましょう!

乾燥対策セット(SwitchBot加湿器&SwitchBot温湿度計)を活用し、わずか1分ほどでシーンを設定すれば、24時間湿度を自動的に調整します。あなたの喉をいつでも大切にお守りします。


また、エアコンが必要以上に室温を上げたり下げたりするのも熟眠のキラーです。

ここでは、SwitchBotハブミニとSwitchBot温湿度計がお役に立ちます!

簡単に設定すれば、ハブミニと温湿度計が常にお互い情報を共有しながら共に働き、一晩中気持ちよく眠れる室温を維持します。


これで、ぐっすり眠れます!(つ∀-)オヤスミ


・光の力を借り、自然に目覚める

アラームが何度も鳴っても、なかなか起きられない経験は皆様にありますか。

アラームが鳴った途端、「起きなさい!」という嫌な命令が来たこそ、本能的に反抗し、気持ちが悪くなってしまうのは、主な原因です。


明日からは、いやな目覚ましのアラームでなく、光ですっきりして起きましょう!

SwitchBotカーテンを利用し起床時間になったら、カーテンが自動に開き、入ってきた光の力で自然に目覚めます。




関連商品: