【1日限定】15%OFF クーポンコード:VDAY-LOVE

2024年2月8日まで | SwitchBot全製品対象

IoTとは?基本的な仕組み・活用事例・便利家電を簡単に解説

ZhangMi  |  Feb 21, 2024
IoTとは

IoTというキーワードに、興味をお持ちの方も多いでしょう。しかし、何を意味する言葉なのか、よくわからないとお悩みの方もいるはずです。

この記事では、IoTの概要やIoT技術の仕組みについてわかりやすく解説しています。また、IoT技術で実現できること、活用事例、すぐに導入できるIoT家電も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

目次

1、IoTとは?

2、IoT技術の仕組みを簡単に解説

3、IoT技術で実現できること

  • 生活・仕事の効率化
  • 機能を一元管理
  • 人力操作レスの実現

4、IoT技術の活用事例

  • 事例① リアルタイムで更新される防災システム
  • 事例② 映像システムを活用した技術継承
  • 事例③ ドローンの全自動監視システム

5、IoT技術は家電にも搭載! SwitchBotのIoT家電一覧

最後に

1、IoTとは?

IoTは、正式名称をInternet of Thingsと言います。直訳すると「モノのインターネット」という意味があり、モノをインターネットに接続してデータ取得や分析に活用するのが特徴です。

近年のデジタル化の加速によってIoT技術を導入しやすくなったほか、人材不足が叫ばれる業界を手助けできると注目が集まるようになりました。

2、IoT技術の仕組みを簡単に解説

IoT技術の仕組みは、とてもシンプルです。まず特定のモノにインターネット接続できる製品を取り付け、いつでも情報を取得できるというのが前提にあります。

例えば、家電製品の中で冷蔵庫にインターネットに接続したカメラなどを導入したとしましょう。通常、冷蔵庫の中身を知りたいときには、冷蔵庫まで足を運んで扉を開かなければなりません。対してIoT技術を活用すれば、インターネットに接続して冷蔵庫内にあるカメラをスマホでチェックすることにより、わざわざ冷蔵庫に向かわなくても中身を確認できます。

スマホで冷蔵庫の中身を確認

また、工場に設置している製造機械の関節部にインターネットに接続したセンサーを設置したとしましょう。通常だと定期メンテナンスを実施しなければ機械の故障や異変に気がつけませんが、IoT技術を活用すれば、関節部に異常が起きたタイミングですぐに情報を知らせてくれます。

以上より、IoT技術とは世の中を便利にするひとつの仕組みのことです。近年ではIoT技術を駆使して効率化されている仕事や、日常生活が便利になるアイテムも登場しているため、身近な場所で使われている技術のひとつだと覚えておきましょう。

3、IoT技術で実現できること

IoT技術を活用すれば、さまざまな面で生活が豊かになります。参考として、実現されている3つのポイントをまとめました。

① 生活・仕事の効率化

IoT技術を活用すれば、生活や仕事といったポイントで効率化が可能です。例えばスマート家電を自宅に導入すれば、スマホから遠隔操作したり、家電を自動化したりと生活を楽にできます。

また、仕事にIoT技術を活用すれば、生産性向上にもつながるのが魅力です。少ない人員で莫大な情報を処理できるため、IoT技術を活用すれば仕事や生活が豊かになります。

生活や仕事といったポイントで効率化が可能

② 機能を一元管理

IoT技術を活用すれば、使いたいツールやシステム、アプリといったものをすべて一元管理できます。

なぜなら、すべてのモノがインターネットで接続しているため、スマホといった管理できる媒体があれば、遠隔操作できるからです。IoT化が進めば進むほど、機能を一元管理しやすくなります。

機能をスマホで一元管理

③ 人力操作レスの実現

IoT技術があれば、人力操作レスな世の中を実現できるのが特徴です。例えば、自動で動く工場を作り出せるのはもちろん、自動運転技術を管理して安全運転を実現できる世の中も作り出せます。

これまで人の力がなければ動かせなかったモノ・コトをIoT技術で自動化できるため、IoTは生活しやすい世の中の実現に貢献できる重要な技術だと言えます。

人力操作レスの実現

4、IoT技術の活用事例

IoT技術はすでに国内のさまざまなシーンで活用されています。参考として、総務省でも紹介されている面白い事例を3つまとめました。

事例① リアルタイムで更新される防災システム

令和元年、東京大学やNTTドコモなど、複数の企業・官公庁が連携し、IoTを活用した防災システムが構築されました。IoTの技術を活用して気象情報を正確に取得し、リアルタイムで情報が更新されるのが特徴です。当システムを活用すれば、次の動き方を実現できます。

  • 豪雨時において水量に応じた洪水氾濫の危険があるエリアがわかる
  • 地震時に被害を受けたエリアや通行止め・土砂崩れ範囲がわかる

日本は自然災害の多い国として有名です。以下に日本で生活する人々の安全を確保するのかが重要になるため、IoTを活用したリアルタイムのデータ取得が欠かせません。すでに洪水被害のある地域では水位監視システム、雪の激しい地域では降雪監視システムなどが多数設置されています。

事例② 映像システムを活用した技術継承

日本で生活する職人の技を継承し続ける施策として、IoTによって映像システムを取得して職人教育に活用する取り組みがスタートしています。従来は職人の動きを目で見て体で覚える教育体制ですが、熟練の職人に成長するまでに莫大な時間が必要です。

一方、IoTで熟練の職人の動きをデータ化すれば、次のことを実現できます。

  • 熟練の職人の動きを何度も繰り返しチェックできる
  • 職人の動きを言語化してマニュアル化できる
  • データ化することによって職人の技術を風化させずに済む

特に近年の日本では、技術継承ができずに消えつつある伝統工芸や民芸品が数多くあります。今後も長く技術を生き残らせるためにも、人間の動きすらデータ化できるIoT技術の重要性が高まっている状況です。

事例③ ドローンの全自動監視システム

人手不足・少子高齢化の日本において懸念されているのが、地域を監視する人材不足の問題です。そして問題解決のために、NTTドコモや商工会といった自治体が協力し、近年ではドローン(UAV)を活用した全自動の監視システムの実証実験をスタートしました。

参考として、IoTとドローンの技術を組み合わせ、次の自動監視を実現しようとしています。

  • ドローンのカメラを使った顔認証システム
  • 写真測量による地形変化のチェック
  • 樹木の生長監視

ドローンで撮影されたデータは、一元管理する専用の管制センターに送信され、不審者や地形に変化がある際にアラートしてくれる仕組みが作られています。まだまだ樹木が繁茂する場所の監視、電波の届かない箇所での監視など複数の課題はありますが、監視という分野でもIoT技術の活用が進んでいる状況です。

5、IoT技術は家電にも搭載! SwitchBotのIoT家電一覧

IoT技術は、何も仕事にだけ導入されているわけではありません。実は身近な存在である自宅家電にもIoT技術が搭載されている場合があるのです。

最後に、IoT技術を導入した家電の参考として、SwitchBotの便利な製品を一覧にまとめました。

製品名称特徴
SwitchBot ハブ2複数の赤外線リモコンを一つにまとめるコンパクトなスマートリモコン
SwitchBot ボットボタン・スイッチを遠隔操作できる
SwitchBot タグスマホをかざすとIoT家電を遠隔操作できる
SwitchBot 見守りカメラ3MP動体センサー付きの監視カメラを起動できる
遠隔地から自宅の様子を確認できる
SwitchBot カーテン自宅カーテンを遠隔操作で開閉してくれる
SwitchBot ロックPro自宅玄関の解錠・施錠を遠隔操作できる
SwitchBot シーリングライト音声でライトを操作できる
電気を消し忘れた際に遠隔操作できる
SwitchBot サーキュレーター音声でサーキュレーターを起動できる
コードレスなので好きな場所で利用できる
SwitchBot 温湿度計温度・湿度をリアルタイムで計測できる
取得した数値をもとに他のSwitchBot製品と連携できる
SwitchBot プラグミニ自宅にある家電をIoT家電にできる
👉  SwitchBot IoT家電一覧 >>

最後に

この記事では、IoTの概要と、技術の仕組みについてわかりやすく紹介しました。

IoTは、モノをインターネットに接続して情報収集や分析に活用する最新技術であり、すでに日本中で活用されているのが特徴です。また、仕事だけでなく、日常生活で使用する家電にもIoT技術が導入されています。

もしスマート家電といったIoT家電に興味をお持ちなら、スマホで管理できるSwitchBotのIoT家電がおすすめです。遠隔操作できるほか、生活スタイルに合わせて操作を設定できるので、この機会に、SwitchBot製品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ読みたい

人気記事

最新記事