サーキュレーターの電気代は月いくら?コストの安いおすすめ製品や節電アイデアを解説

SwitchBotスイッチボット  |  Jul 01, 2024

サーキュレーターを購入したいけれど、電気代がいくらかかるのかわからず、購入に踏み切れない人も多いでしょう。また製品の種類が多く選びきれないと悩む方もいるはずです。

この記事では、サーキュレーターを稼働する際にかかる電気代やコストパフォーマンスに優れる製品の選び方について詳しく解説します。サーキュレーターの節電アイデアも紹介しているので、購入時の参考にしてみてください

目次

1、サーキュレーターとは?

2、サーキュレーターの電気代はいくら?

3、サーキュレーターの節電アイデア

4、電気代がお得なサーキュレーターの選び方

5、電気代の安さと性能を求めているならSwitchBotのスマートサーキュレーターがおすすめ

最後に

1、サーキュレーターとは?

サーキュレーターとは、室内の空気を循環させるための送風機器です。強い風を直線方向に送る目的で利用され、室内の温度・湿度を一定に保てるほか、空気の入れ替えを効率化できます。また、購入できるサーキュレーターの種類を以下にまとめました。

卓上型

卓上型は、コンパクトなデザインをしており持ち運びや収納に便利なタイプです。自宅の複数箇所に持ち運びたいなら、卓上型のサーキュレーターを購入するのが良いでしょう。

卓上型サーキュレーター

スタンド型

スタンド型は、サイズが大きめで強い風を送風しやすいタイプです。羽が大きいことから扇風機の代わりとしても利用しやすく、高い位置にも送風できるので、性能と用途の多さをお求めの方におすすめします。

スタンド型サーキュレーター

扇風機との違い

サーキュレーターと扇風機の違いは、その用途にあります。

まずサーキュレーターは室内の空気を循環させるために利用する送風機器であり、狭い範囲に強い風を送るのが特徴です。一方で扇風機は、涼しむために利用する送風機器であり、広範囲に穏やかな風を送ります

サーキュレーターは部屋の温度湿度を一定に保ちたい場合や、洗濯物の部屋干しの際に利用しやすいことに対し、扇風機は人に直接風を当てて涼しむのが目的です。2つの送風機器はそれぞれ用途が異なるため、目的に合う製品を選ぶことが大切だと覚えておきましょう。

2、サーキュレーターの電気代はいくら?

サーキュレーターを購入する際に気になるのが「どれくらい電力を使うのか」ということでしょう。

近年では電気代の高騰により、どんどん家計が厳しくなっています。少しでも電力を節約したい方も多いはずですので、参考として1日の電気代、1ヶ月の電気代についてまとめました。

1日の電気代は?

製品によって多少の違いはありますが、サーキュレーターの消費電力はおおよそ25Wだと言われています。そのため、1時間当たりの電気代は約0.7~0.8円であり、1日8時間つけっぱなしにした場合だと、5.6~6.4円程度になるのが特徴です。

エアコンの場合、消費電力が105~4,000Wもあることから、1時間当たりの電気代が55円程度になることも少なくありません。つまり、1日8時間稼働させると440円もの電気代がかかります。

ここからもわかるように、サーキュレーターは電気代を抑えつつ室内の温度・湿度を一定に保ちやすいコストパフォーマンスに優れる家電だとわかります。

1ヶ月の電気代は?

電気料金は月ごとに支払うものですので、参考としてサーキュレーターを1ヶ月稼働させた場合の電気代、また対比としてエアコンを1ヶ月稼働させた場合の電気代を以下にまとめました。

サーキュレーターの場合5.6~6.4円(1日8時間)×30日=168~192円
エアコンの場合440円(1日8時間)×30日=13,200円

サーキュレーターは1ヶ月の電気代がジュース1~2本分に収まる一方で、エアコンは1万円を超えるのが特徴です。金額差は歴然ですので、電気代を抑えたい方はサーキュレーターの導入をおすすめします。

SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター

SwitchBot スマートサーキュレーター

詳しく見る>

3、サーキュレーターの節電アイデア

サーキュレーターの電気代をさらに安く抑えたいという方向けに、節電アイデアを4つ紹介します。ほか家電との組み合わせについても解説しているので、電気代を安くするためにチャレンジしてみてください。

節電アイデア①消費電力の小さい製品を購入する

まずサーキュレーターを購入する際には、消費電力が小さい製品を見つけるのがおすすめです。「消費電力が小さい=電気代がかかりにくい」という関係が成り立つので、サーキュレーターを比較する際には、製品の消費電力の値をチェックしましょう。

一般的にサーキュレーターの消費電力は25W程度だと言われているため、25Wを目安として消費電力が同等のものを選ぶのがベストです。ただし消費電力が小さすぎる製品はその分だけ風力が弱いほか、機能が少ないことに気を付けてください。

節電アイデア②エアコンと組み合わせて利用する

夏といった暑くジメジメする季節の場合、サーキュレーターの風だけでは、室内の温度・湿度を一定に保ちづらいため、エアコンが欠かせなくなります。このとき「エアコンを稼働させるのなら、サーキュレーターの意味がないのでは?」と疑問に思う方も多いでしょう。

結論として、サーキュレーターとエアコンを組み合わせれば、エアコンにかかる電気代をかなり節約できます

節電アイデア②エアコンと組み合わせて利用する

例えば一軒家の場合、複数の部屋でエアコンを使うとその分だけ電気代が倍増していきます。一方で、サーキュレーターの空気循環効果を活用すれば、1つのエアコンから出る冷風を別の部屋まで均等に循環できるのが魅力です。

また空気を循環させることによって、エアコンを弱で稼働させても涼しく感じます。エアコンを強に設定して稼働し続けるより、エアコンを弱に設定し、サーキュレーターで循環させたほうが電気代を節約できるので、ぜひエアコンとサーキュレーターを組み合わせてみてください。

節電アイデア③サーキュレーターの置き方を考える

サーキュレーターを効率よく利用して電気代を節約したいなら、置き方にこだわることが欠かせません。なぜならサーキュレーターは背面から空気を取り込み、前面へ送風する仕組みだからです。参考として、シーンごとにおけるおすすめの置き方とその理由を下表にまとめました。

サーキュレーターを利用するシーンおすすめの置き方設置理由
エアコンの風を遠くまで
届けたい場合
エアコンの風が当たる場所にサーキュレーターの背面を向けて設置する冷風・温風を目的の場所まで効率よく届けられる
エアコンの風を1つの部屋に効率よく広げたい場合エアコンに向かってサーキュレーターを向ける送風される風を側面や上面に分散でき、効率よく部屋の温度を変化させられる
部屋の換気をしたい場合窓を開けて窓側にサーキュレーターの風を送る室内のジメジメとした空気を外に排出できる
室内干しを乾燥させたい場合洋服全体に風が当たるように上向きで首振り機能を使って風を送るまんべんなく送風することにより短時間で洗濯物が乾く

置き方を意識すれば、その分だけ効率よく風を循環させられます。結果としてサーキュレーターやエアコンの稼働時間を短くでき、電気代の節約につなげられるのが魅力です。

合わせて読みたい

節電アイデア④スマート家電と連携する

サーキュレーターの電気代を節約したいのなら、スマート家電と連携して自動化するのがおすすめです。

例えば、SwitchBotが提供しているスマートリモコンの「ハブ2」と、同じくSwitchBotが提供している「スマートサーキュレーター」を組み合わせれば、ハブ2が計測した温度・湿度に合わせてスマートサーキュレーターを自動で稼働できるようになります。

スマート節電セット

スマート節電セット

  • 節電&省エネ
  • アレクサで音声操作
  • 自動3D首振り
  • 独自の「SilenTech」静音技術
  • コードレスで使用可能
  • 4つのモードで多彩な送風を実現
詳しく見る

またハブ2は、エアコンのリモコンなど、赤外線通信と連携できるのが特徴です。「室温が28℃を超えたらエアコンとサーキュレーターを稼働させる」「湿度が65%になったら、家電をOFFにする」というように、必要最小限の電力だけで温度・湿度を自動で維持できます。

4、電気代がお得なサーキュレーターの選び方

サーキュレーターの製品が複数あり、ひとつに絞り込めないとお悩みの方向けに、電気代をお得にできる製品の選び方を紹介します。

選び方①サイズやデザインで選ぶ

電気代を節約したいのなら、サイズやデザインがコンパクトなサーキュレーターを選ぶのがおすすめです。大型のサーキュレーターよりも小型のサーキュレーターのほうが消費電力を小さく抑えられるほか、場所も取りません。持ち運びも簡単であり、収納にも便利ですのでサイズや重さ、形状といったデザインを見て製品を選びましょう。

選び方②音の大きさで選ぶ

サーキュレーターを日常使いする予定なら、音の大きさ(デシベル数)を確認するのがおすすめです。まず音が大きい製品を選んでしまうと、1日中うるさい音を聞き続けなければなりません。対して、静音タイプのサーキュレーターならノンストレスで使い続けられます。

音がうるさい家電は安眠の邪魔になるほか、赤ちゃんの目を覚まさせるなど、子育てにも支障が出ます。もし音を機にされるのなら、製品ごとに記載されているデシベル数を比較してみてはいかがでしょうか。

選び方③機能数で選ぶ

便利で使いやすいサーキュレーターを探しているのなら、機能数をチェックするのがおすすめです。例えば、次のような機能があるサーキュレーターは便利ですし、省エネ効果を期待できます。

・風量調整
・音声操作
・スマート家電との連携機能

SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター

SwitchBot スマートサーキュレーター

詳しく見る>

特にサーキュレーターは、風量の出力によって消費電力が変化するため、部屋の広さやシーンに合わせて豊富な風量調整機能がある製品を選ぶのがベストです。空気の循環なら強風、寝るときはそよ風など、状況に合わせて使い分けできる製品を探してみてください。

5、電気代の安さと性能を求めているならSwitchBotスマートサーキュレーターがおすすめ

「電気代を節約したい」「室内の温度・湿度調整を自動化したい」「ストレスが溜まりにくい製品を選びたい」など、省エネ性能・利便性などに特化した製品をお探しなら、「SwitchBot スマートサーキュレーター」をチェックしてみてください。

スマートサーキュレーターは消費電力24Wであり、1日の電気代をわずか5.9円に抑えられます。また運転音が24dBであることから、ささやき声や木の葉の触れ合う音とほとんど変わらない静音性を持つ製品です。スマートリモコンなどの便利な家電と連携することで、ON/OFFや設定を自動化できるほか、遠隔操作にも対応します。

電気代の安さと性能を求めているならSwitchBotサーキュレーターがおすすめ省エネ

次項では具体的な活用例を紹介しているので、導入の参考にしてみてください。

活用例①室内の空気を循環させる

マートサーキュレーターは、室内の空気を効率よく循環させるために役立つ製品です。ビッグサイズの羽根で大風量の送風が可能であり、30畳の部屋の温度をわずか10分で約2℃下げられます

自動3D首振り機能を使って360度好きな方向に送風できるため、温度・湿度をまんべんなく循環させたい方におすすめします。

室内の空気を循環させる

活用例②部屋干しの洗濯物を乾燥させる

スマートサーキュレーターは、効率よく部屋干しの洗濯物を乾燥させるときに役立ちます。例えば、コードレスであるためコンセントがないお風呂場に持ち込めるほか、自動3D首振り機能で洗濯物の隙間にしっかりと風を送り込めるのが魅力です。

風量も自由に調整できるため、洗濯物の量や部屋干ししている部屋の広さに合わせて使いやすい製品だと言えます。

活用例②部屋干しの洗濯物を乾燥させる
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター

SwitchBot スマートサーキュレーター

詳しく見る>

最後に

サーキュレーターは1日8時間稼働させても、電気代を1日10円以下に抑えられるお得な送風機器です。1ヶ月に換算しても200円程度とお得ですので、電気代を節約したい人におすすめします。

また、複数のメーカーがサーキュレーターを提供しているため、製品をひとつに絞り込めないとお悩みなら、「SwitchBot スマートサーキュレーター」を導入するのがおすすめです。

1日当たりわずか5.9円で稼働できるほか、24デシベルと静穏性に優れています。高性能かつノンストレスで利用しやすいサーキュレーターですので、製品選びの候補に加えてみてはいかがでしょうか。

SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター
SwitchBot スマートサーキュレーター

SwitchBot スマートサーキュレーター

もっと見る>

人気記事

最新記事