[TIPS]早いもの勝ち!梅雨前にやっておけば

 

早いもの勝ちとよく聞きますが、気づいた時にもう手遅れだ!と悔しい経験は誰でもありますよね。

梅雨対策の一番難しいとこは判断ができない。

いつ梅雨が来るのかわからないし、気づいたらもうカビ!

 

そもそも梅雨はどうやって判断するの?

よく天気予報などで梅雨入りを耳にするけど、確実に予測するのは難しいため、自宅では湿度を測定するのがもっと実用的です。

 

梅雨は私たちの生活にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

5月から7月にかけて起こる雨季のひとつ「梅雨」高温多湿な環境で起こるカビは食品を腐敗させたり物の劣化の原因となるだけでなく、アレルギーなど人の健康に害を及ぼしてしまう事もあり、あらゆる面で悪影響を与えてしまいます。

なのでカビの発生より予防するのがとても大事です。

 

 

カビが一定な温度と湿度の環境に生えやすいので、温度と湿度をしっかり管理すのであれば?日頃忙しくてチェックする暇はない、温度湿度の変化状況も把握するのが簡単にできるものではないですね。

 

実はスイッチボットの「温湿度計」はこれらのお悩みは解消できます。

そこで、スイッチボットの「温湿度計」をご紹介します。

 

いつでもどこでもチェック可能

市販の温度湿度計はリアルタイムの温度と湿度が見れますが、スイッチボット「温湿度計」はBluetoothでスマホと接続して、専用アプリでログを記録してグラフで温度湿度が確認できます。スイッチボットシリーズのハブミニと連携して、外出中でもチェック可能。

 

アプリ通知

アプリでアラートを設定すれば、指定の温度・湿度を超えたらスマホから通知されます常に温度と湿度をチェックするより、アラート通知のほうが楽ですし、安心しますね。

 

 

信頼できるセンサー

SwitchBot温湿度計はスイス製温湿度センサーを搭載しており、高精度で信頼性の高い温湿度測定を実現し、より正確な温度や湿度を管理できます。4秒ごとにデータを更新し、感度と精度両方とも優れています。

 

除湿家電と連動

先日ご紹介した「ハブミニ」と組み合わせて、さらに拡張性を広げます。

アプリにある「シーン」という機能を使うことで、エアコン、換気扇や除湿器などに温度と湿度を上手に調節にしてもらえます。

例え: 温度 25度 湿度60% 以上になったら、エアコンが除湿モードで付くというふうに設定すれば、指定の条件が満ちたら温湿度計がハブミニに知らせて、ハブミニがエアコンをつけてくれます。

 

梅雨の時期に、湿気が高まりカビや臭いなどのトラブルの元になるのでこんな時こそ、カビ予防対策が大事です。

早いもの勝ち、「温湿度計」を使用して、カビ予防や温湿度管理が容易になります。

ぜひ「温湿度計」を活用してみてください。

 

SwitchBot温湿度計 ワンコイン体験キャンペーンは大好評開催中、詳しくはこちらより:https://www.switchbot.jp/pages/try-switchbot

 

温湿度計 購入ページへ:

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07L4QNZVF

Top